トップ > 転居届 郵便局 > 転居届 郵便局

転居届 郵便局

引越しが決まったら郵便局で「転居届」の手続きを行いましょう。

この手続きを行うことによって、

「1年間、旧住所あての郵便物を新住所に無料で転送してもらえるのです」。

1年経過後、再度、同様の手続きを行うことにより、更新も可能です。

転居届けの投函は引越し先が決まったら速やかに行いましょう。

引越しの1~2週間前に行えば安心ですが、遅くなれば間に合わず、

旧住所に届いた郵便物が新住所に届かない場合もありますので、

忘れないように早めに手続きを行いましょう。

引越し前の最寄の郵便局で手続きを行います

(実際には全国の郵便局ならどこでも可能です)。

その際に「本人確認症(運転免許証・各種健康保険証・印鑑」が

必要になりますので、忘れないように持参しましょう。

また郵便局にある「転居ハガキ」に必要事項を記入し、

ポストへ投函(切手不要)することによっても同様の手続きとなります。

 

また、わざわざ郵便局へ行ったり、転居届けのハガキを投函しなくても

ネット(Web)から転居届けの手続きが出来るようになりました

(もちろん無料で利用できます)。

ネットから手続きをする場合は以下の情報が必要となります。

○携帯電話(受付するために携帯電話から電話します)

○名前

○旧住所、新住所

○PCのメールアドレス(携帯のメールアドレスは不可)


それから、郵便貯金がある場合は、「通帳・届出印・身分証明書」を

最寄の郵便局へ持参し(全国の郵便局ならどこでも可能です)、

住所変更の手続きを行いましょう(引越し後、速やかに行いましょう)。




ここで引っ越し料金を最大半額にする一括見積もりをご紹介。
有名業者から地元業者まで1回の手間で見積もり請求、最安値を獲得できます。
詳細はこちら
▼▼▼
転居届 郵便局
転居届と郵便局。転居届を郵便局に行う時にはどうすればよいのでしょうか。

前の記事 | 次の記事

【関連コンテンツ抜粋】
IT用語