トップ > 転居届 > 転居届

転居届

転出届と転入届は引越しする時に、必ず提出が必要になる書類です。

転出届や転入届は、役所にあり、

実際に引越しをする日の2週間前から受け付けています。

転出届を提出すると転出証明書を発行されますが、

これは、後日引越し先のほうで転入届を提出する時に

必要な書類なので紛失しないように気を付けてください。

転入届は実際に引越しした日から

2週間以内にしなければなりませんので注意してください。

 

実際に転出届と転入届を提出する時に必要なものは、

下記のとおりです。

印鑑

運転免許証、パスポート、身体障害者手帳など写真付きの身分証明書

国民健康保険(加入者のみ)

年金手帳(加入者のみ)

老人医療受給者証(加入者のみ)

介護保険証(持っている人のみ)

児童扶養手当証書(加入者のみ)

引越し先の住所

委任状(代理の人が提出する場合)

転出証明書(転入届の時のみ必要)

 

なお国民健康保険に加入している場合は、

転出届を申請する際に、一緒に国民健康保険証も返却します。

転入先で新しい保険証を作るので、

以前の保険証は元の市区町村に返却する必要があるのです。

健康保険証が一時的にありませんので、

もしもの時は実費の医療費を支払う形になります。

しかし、転入先の健康保険の窓口で、

実費の医療費の領収書を提出すれば、

健康保険分の医療費が返ってきます。

ですから、かかった医療費の領収書は、

後日役所に請求できるので、

必ず保管しておいてください。

ここで引っ越し料金を最大半額にする一括見積もりをご紹介。
有名業者から地元業者まで1回の手間で見積もり請求、最安値を獲得できます。
詳細はこちら
▼▼▼
転居届
転居届…転居にあたってはいろいろと届け出が必要になります。

前の記事 | 次の記事

【関連コンテンツ抜粋】
IT用語