トップ > 電気 転居 > 電気 転居

電気 転居

引越しをする際に電力会社へする手続きは、

「現在の住所の電気使用停止」と

「お引越し先の電気使用開始」の二つあり、

同時に申し込みができる場合もあります。

現在ではインターネットで申込みが可能ですが、例外もあります。

お客さま番号が分からない場合や、

引越し先の住所が決まってない場合、

建物解体による電気設備の撤去を希望する場合、

電設備をお持ちで特別高圧もしくは高圧で

受電されている場合・・などは、

カスタマーセンターに連絡(電話)して申し込みをする方法となります。

 

電力会社に伝える事は下記のとおりです。

お客様番号(領収書か検針票に記載)

契約者の氏名・現住所・連絡先

引越し先の住所

使用中止の予定日・係員の訪問希望日

電気料金の精算方法

 

転居の連絡をした後は、引越し当日に係員立ち会い、

安全器(ブレーカー)を下げて電気を切り、電気料金の精算をします。

係員の都合もありますので、早めに日程の調整をしたほうが良いです。

当日、何かの都合で精算できない時は引越し先へ請求書が送付されます。


注意することは、引越し前と引越し後で電力会社が違うケースでは、

それぞれ別々に手続きが必要です。

例えば、電力会社が変更になると、

改めて口座振替の手続きが必要になりますし、

引越し先が賃貸住宅(あるいは共同住宅)の場合で、

アンペアブレーカーを変更するには、

事前に大家さんや管理人の承諾を得ておく必要があります。

また、インターネットで「電気使用開始」の手続きを終えていれば、

引越し先に備え付けの「電気使用申込書」を送る必要はありません。

 

 

ここで引っ越し料金を最大半額にする一括見積もりをご紹介。
有名業者から地元業者まで1回の手間で見積もり請求、最安値を獲得できます。
詳細はこちら
▼▼▼
電気 転居
電気と転居。東京電力や関西電力など、転居や引越しにあたって、電気の手続きはどうすればよいのでしょう。

前の記事 | 

【関連コンテンツ抜粋】
IT用語